中性脂肪を減らすなら食生活改善を

体験談

健康診断の血液検査で中性脂肪が高いと診断された方は、30歳以上だと少なくないと思います。中性脂肪が高くても即病気ということではないし、普段の生活も普通にできます。しかし、中性脂肪が高いままそのままにしておくと、血液中の脂肪が血管に影響し、動脈硬化になることがあります。その後、脳卒中や心臓病など死にいたる病気につながります。
中性脂肪を減らすためのポイントは食生活の改善とアルコールを控えることです。
中性脂肪を増やしてしまう食べ物は、カツや唐揚げ、ハンバーグなど肉を油で揚げたり焼いたりしたものです。また、動物性脂肪の多いウインナーなども控えた方がよいです。逆に、血液をサラサラにしてくれる野菜やキノコを多く摂ることで中性脂肪を減らすことができます。毎日の食生活で、肉を減らし、サラダを多くすることを心がけましょう。
また最近では、中性脂肪を減らす働きをもつ「EPA」や「DHA」が注目されています。これらの成分は青魚に多く含まれているので、青魚をたくさん食べることによって、中性脂肪を減らすことができます。イワシ、サバ、アジ、サンマ、カツオなどが青魚といわれる種類です。これらは家庭でもよく食べられる魚ですので、肉中心の食事から魚中心の食事にシフトしていくことで効果が得られます。
中性脂肪をつくるのは肝臓です。肝臓がアルコールを分解することで中性脂肪の合成を促進するので、お酒を控えることによって中性脂肪を抑えることができるのです。
食事のバランスを考えながら、お酒を控えることで、無理をせず中性脂肪を減らして、健康なからだを保ちましょう。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »