動脈硬化の原因となる中性脂肪を減らすには

体験談

あなたは自分の中性脂肪の値を知っていますか?
中性脂肪というのは血中脂質をあらわすもので、血液検査をすると中性脂肪もしくはトリグリセライド(TG)と書かれていますが、中性脂肪の値が高くても自覚症状は特にありません。
なので定期的に血液検査や健診を受けて自分の中性脂肪の値を把握しておくことは大事なのですが、この中性脂肪は砂糖などの糖質とご飯などの炭水化物が原料となって肝臓で作られ、エネルギーを蓄えようとする体の働きによって体内に皮下脂肪として蓄えられます。
そしてその中性脂肪が血液中に多くなると動脈硬化を起こす可能性が高くなるので中性脂肪が基準値を超えている人はもちろん、今は正常範囲内だけど増加しつある人も中性脂肪を下がるべく対策をうちましょう。
まず有効なのは、食事を見直すことです。
中性脂肪が多くなる食生活は、砂糖を多く含む食品やご飯、麺類、パンなどの炭水化物、またアルコールを多く摂取していることがほとんどです。
こういった食品を一切食べてはいけないわけではなく、自分の体格や活動量などに応じて一日に摂取してもいい量が決まっているので、その基準量に合わせて食べるようにし、過食を控えましょう。
また、中性脂肪を減らすには青魚がいいと言われているのでイワシやアジなどの青魚を積極的に摂るようにすると中性脂肪が減少する効果があります。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »