トマトダイエットで体重も中性脂肪もすっきり

中性脂肪がグーンと減った

Aさんは、三十五歳のベテラン看護婦です。小学生になる二人の子どもの母親でもある彼女が、夜勤専門の仕事に移ったのは、約一年前。家庭と仕事の両立を考えた末の決断でした。
仕事があるのは、週に三日。勤務先の病院は、救急患者は受け入れていませんでしたから、病棟の見回りを終えると、後は入院患者の呼び出しに備えて待機しているだけ。三交代制のフルタイムで働いていたころと比べれば、ずいぶん楽になりました。
ところが、二〜三ヵ月が過ぎたころ、Aさんの体に異変が起こったのです。
もともと、少し太りぎみなのを気にしていたのですが、体重がさらに四キロもふえてしまいました。
「中性脂肪をチェックしたいのですが」
Aさんが来院したのは、こんな事情からでした。
本人が気にしていたとおり、中性脂肪の値も、グンと上がっていました。それまでの健康診断では、ずっと200mg/dl前後だったのが、400mg/dlにふえていたのです。
原因は、仕事中の生活パターンにありました。
病棟の見回りがひと通り終わると、Aさんにはこれといってすることがありません。仮眠の時間はあるといっても、夜中に動いているとおなかもすきます。休憩時間になると、雑誌をみながら、コーラを飲み、スナック菓子を食べるのが習慣になってしまっていました。
間食は、肥満の大きな原因です。とりわけ、スナック類やせんべい、ケーキなどは、糖質や脂質をたくさん含んでいますから、食べすぎると中性脂肪をふやしてしまいます。おまけにコーラです。清涼飲料水には甘みをつけるために砂糖やハチミツなどが多く使われています。当然、糖質の摂取量もふえるというわけです。
「まず、その間食をやめなくてはいけませんね」
もちろん、Aさんは看護婦ですから、このことはじゅうぶんよくわかっていました。
「でも、つい口さみしくて...」
わかってはいるけれど、やめられない。そこに、Aさんの悩みがあったのです。
「だったら、こうしたらどうですか」
そこで、私はあることをすすめました。それは、トマトダイエットです。
「仕事中に口さみしくなったら、スナック類のかわりに新鮮なトマトをお食べなさい。食事の30分ぐらい前にも、握りこぶしぐらいのトマトを一個食べると、満腹感がうながさ
れて食べすぎを防ぐことができますよ。それから、コーラはやめて、かわりにウーロン茶や緑茶を飲むように。何といっても、お茶はノンカロリーですからね」
ハウス栽培の普及で、トマトは今、一年じゅう新鮮なものが手に入りますが、これがダイエットにとても役立つのです。
まず第一にトマトは食物繊維が豊富です。食物繊維はほとんどノンカロリーで、しかも腹持ちがよく、腸内の脂肪を吸着してその排せつもうながします。また、トマトは脂肪の燃焼を助けるビタミンB群、エネルギー代謝を活発にするクエン酸やリンゴ酸も豊富です。
さらに、現代人に不足しがちな栄養素も、トマトは豊富に含んでいます。例えばβカロチン、ビタミンC、鉄分・カリウムなどのミネラルをはじめ、活性酸素を除き、動脈硬化
やガンの予防に役立つといわれるリコピンなどです。
「明日から、さっそくやってみます」
そういって診察室を後にしたAさんが再び現れたのは、それから三ヵ月後のことでした。
あれ以来、トマトダイエットを続け、休みの日には戸外を散歩するようになったという彼女の体重は3キロもへり、中性脂肪は160mg/dlにまで下がっていました。
「おかげで体がずいぶん軽くなりました。それに、今日は中性脂肪値も下がっているのがわかって、気持ちもスッとしました」
Aさんは、笑顔でこういっていました。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »