加齢による血清脂質の上昇

中性脂肪とは?

どんなに気をつけていても、歳をとるにつれて体は衰えていくものです。肝臓の機能も例外ではありません。年齢とともにLDLリポたんぱくを細胞にとり込むLDL受容体の
働きが低下し、血液中の中性脂肪やコレステロールといった血清脂肪はふえてきます。また、LDLを酸化させることで動脈硬化の原因を作る活性酸素(フリーラジカル)を処理する能力も、年齢とともに衰えていきます。

・男性は三十歳からが要注意

男性の血清脂質は、普通、30歳ぐらいまではあまり上昇しません。ところが、30歳をすぎるころから中性脂肪やコレステロールが急にふえはじめるのです。そして、中年に
なって太ってきたかなというとき、高コレステロール血症や高トリグリセライド(中性脂肪)血症になるケースがとてもふえています。こうなると、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳卒中の危険性がぐんと高まってきます。

・女性は閉経後が要注意

女性の場合は、五十歳前後、つまり閉経期を迎えるあたりで急に血清コレステロールの値が高くなってくる傾向があります。これには、女性ホルモンの一つ、エストロゲンの減少が関係しています。女性ホルモンには、LDLリポたんぱくを細胞にとり込むLDL受容体をふやす働きがあり、それによって体内でのLDLの処理を円滑に行っています。けれど、閉経後は女性ホルモンの分泌が少なくなるので、その処理能力が低下し、血清脂質がふえてしまうのです。
加齢による高脂血症は、ある意味では避けられないことです。これを少しでも回避するためには、脂質をとりすぎない食事、適度な運動を心がけるしかありません。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »