食べすぎが原因の高脂血症

中性脂肪とは?

食事が原因の高脂血症は、食べすぎ、脂肪の多い食事、高カロリーのもののとりすぎ、アルコール類の飲みすぎなど、エネルギーを過剰に摂取していると起こります。
このタイプの高脂血症の場合、ほとんどの人は肥満傾向にあります。対策としては、食事と運動で、とにかく肥満を解消することが第一です。
体脂肪がへってくれば、いわゆる悪玉コレステロールであるVLDLやLDLがへってきます。同時にカイロミクロンやVLDLの代謝が活発になり、中性脂肪がへり、善玉コ
レステロールであるHDLがふえてくるのです。

●運動不足が原因の高脂血症

食べすぎによるエネルギーのとりすぎも問題ですが、現在は、摂取したエネルギーをじゅうぶんに使っていないことにも大きな問題があります。運動不足は、体力低下を招くばかりではなく、余ったエネルギーを中性脂肪やコレステロールとして体内にため込むことにもなるのです。
運動といっても、いわゆるスポーツだけを指しているわけではありません。日常生活でいかに体を動かしているかも大切なポイントとなります。たとえば、階段を使わずにいつもエレベーターやエスカレーターを使っている、外出のときはいつも車に乗っている、というような人は、日常的に運動不足に陥っていると考えていいでしょう。
とり込んだエネルギーを消費する有効な手段として、運動、つまり体を動かすことに勝るものはありません。また、体を動かすことで血行がよくなると、中性脂肪やVLDLの
分解が促進され、善玉コレステロールであるHDLをふやすことになるのです。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »