動脈硬化には避けられない原因と、予防・修正可能な原因とがある

中性脂肪はなぜこわい?

 動脈硬化がなぜ起こるのか、その原因はさまざまですが、大きくはどうしても避けられないものと、修正可能なものとに分けられます。
 どうしても避けられないものとは、まず加齢によるものです。人間、年をとればだれでも血管はもろくなっていくからです。
 また、統計的にみると、女性よりも男性のほうが動脈硬化になりやすい傾向があります。
 このような性による要素も、避けるのは難しいでしょう。さらに、生まれつき動脈硬化が進みやすい、あるいはなりにくいという遺伝的な要因があるのも確かです。けれど、その一方で、動脈硬化は、生活習慣と、そこから起こってくる病気に原因がある修正可能なものであることがとても多いのです。

動脈硬化を引き起こす危険因子

 動脈硬化の原因となる危険因子(リスクファクタ-)には、“避けようのない因子”“修正が可能な因子”の2種類があります。

◇避けようのない

避けようのない因子は、本人の意思では、どうすることもできない性質の因子です。

加齢 年齢を重ねるにつれて、だれでも動脈が硬化してきます。
性差 一般的に、女性よりも男性のほうが動脈硬化にかかりやすいここ
が判明しています。
遺伝 近親者に動脈硬化症の人がいる場合、いない場合よりも動脈硬
化になる確率が高くなります。

◇修正が可能な因子

修正が可能な因子には、“おもな因子”と”副次的な因子”があります。

おもな因子:動脈硬化に直接的に影響するとても危険な因子です。
高脂血症 血管をもろくし、動脈硬化を悪化させます。
高伽庄 高血圧の人が動脈硬化になると、非常に危険な状態となります。
喫煙 動脈硬化だけではなく、すべての成人病につながる危険な因子
です。
副次的な因子:硬化に影響を及ぼしますが、直接的な原因にはなづていない因子です。
糖尿 LDL(低比重リポたんぱく)を増加し、HDL(高比重リポたんぱく)を減少させてしまいます。
肥満 っそう中性脂肪が増加します。
食事 食べ過ぎやカロリーのとりすぎは、高脂血症や肥満などの原因と
なります。
性格 とこに動脈硬化には注意が必要です。
精神的なストレス コレステロール値を上げる因子になります。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »