アルコールの落とし穴

中性脂肪解消法

アルコールには、血行をよくし、食欲を増進させ、善玉コレステロール(HDL)をふやす効果があります。さらに、ストレスや心身の疲労を解消したり、人間関係を円滑にする効果もあることから、「酒は百薬の長」といういい方もうなずけます。
しかし、それもたしなむ程度であれば、という条件つきです。飲み方や量を誤ると、とたんに害のあるものに豹変してしまいます。

●アルコールは中性脂肪とVLDLをふやす

アルコールを飲みすぎると、肝臓での中性脂肪の合成が促進され、VLDLやLDLといった悪玉コレステロールをふやします。そうやって血中にVLDLがふえると、カイロミクロンも分解されにくくなり、血清トリグリセライド(中性脂肪)の杜もふえ、高脂血症や動脈硬化の原因となります。それでもアルコールを飲み続けると、過剰になった中性脂肪は肝臓へとたまりはじめ、脂肪肝の原因になるのです。

●飲みすぎはカロリーのとりすぎにつながる

アルコールの原料は麦や米などの穀物ですから、カロリーも決して低くはありません。
体内に入ったアルコールは、1グラムで約5キロカロリーのエネルギーになります。ご飯のカロリーに置き換えると、ビールの大ピン一本は、ほぼ一膳半分に相当します。飲んくえといわれる人は、決してビール一本では満足しませんから、摂取エネルギーは過剰になり、肥満へとつながっていきます。それだけでなく、栄養障害を起こしたり、肝臓障害、アルコール依存症、高脂血症など、さまざまな問題を抱え込むことになりかねません。

●酒のつまみには高カロリー食品が多い

アルコールの刺激はとても強く、すきっ腹で飲むと胃の粘膜を荒らしますから、先に何かを食べてから飲むほうがよいのです。「つまみ」には、そういう健康上の役割があります。
ところが、このつまみにもまた、問題はあります。アルコールをよく飲む人には、塩辛やから揚げなど、塩辛いものや脂っこいものを好む傾向が強いのです。それらはどれも、より一層、コレステロールや中性脂肪をふやします。
飲みすぎを慎むのはもちろんですが、つまみも高脂肪、高カロリーのものを避けるようにしたいものです。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »