腎臓の働き

中性脂肪で成りやすい病気

腎臓は、そら豆の食一な形をした臓器で、腰の上あたりに左右1個ずつあります。成人で1個120~150gの重さがあり、こぶしぐらいの大きさをしています。
腎臓は、糸球体とボウマン嚢、尿細管が一組になったネフロンという排尿システムが100万個余り集まってできた臓器です。
糸球体は、毛細血管が糸の球のようになってできており、腎動脈から流れてくる血液中の老廃物や水分、よけいなブドウ糖やアミノ酸などをろ過して原尿をつくります。ボウマン蕊は糸球体を包んでいる袋で、これを腎小体といいます。
原尿は、尿細管で体に必要なブドウ糖やアミノ酸、水分などが再吸収されて尿となり、ほかのネフロンでつくられた尿とともに腎孟に流れ込み、尿管を伝わって跨耽にためられます。そして、尿道を通って排池されます。

腎臓の働きには、
①体内にできた老廃物や、薬の成分を排池する
②体内の水分の量の調整を行う
③レーンなどのホルモンを分泌する
④ビタミンDを活性化するなどがあります

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »