LDLの増加だけでなく、活性酸素によるLDLの酸化が動脈硬化を促進する

中性脂肪で成りやすい病気


活性酸素が過剰になると病気を招く

活性酸素は、分子の構造が不安定な酸素で、そのために周囲の物質にくっついて酸化させる性質があります。
通常、人間が呼吸で吸った酸素の約2%が活性酸素となり、体内に入ってくるウイルスや細菌を酸化して殺し、病気を防ぐ働きをしています。ところが、なんらかの原因で、活性酸素がふえると、正常な細胞まで酸化させてしまうため、遺伝子が突然変異を起こしてがん細胞になるなど、生活習慣病や老化を促進させたり、さまざまな病気の原因になります。

活性酸素は心脂質を酸化させ、有害物質に変える

活性酸素には、脂質と結びつきやすいという性質があります。細胞の細胞膜には、不飽和脂肪酸という脂質が豊富に含まれており、活性酸素によって細胞膜が酸化されると過酸化脂質という有害物質ができて、細胞膜がもろく破れやすくなります。そこからウイルスや細菌などが細胞内に侵入して、病気を発症します。
活性酸素が血管壁の細胞を酸化すると、血管壁に傷ができてLDL(悪玉コレステロール)や中性脂肪、血小板などが入り込むので動脈硬化になります。
このときにLDLが活性酸素によって酸化され、強力に血管壁に沈着して動脈硬化を促進させていることがわかりました。動脈硬化を予防するためには、LDLを増加させないこと、活性酸素を必要以上にふやさないことが大切です。
活性酸素をふやす要因には、喫煙、紫外線↑ストレス排気ガスなど力ありますが、糖尿病で血糖値が高くなると酸化ストレス(体内の活性酸素がふえて、体に与えるダメージ)が上がることがわかっています。また、糖尿病の人でLDL(悪玉コレステロール)値が上昇すると動脈硬化が進行しやすいことが、アメリ力の疫学調査のMRFITでも確認されています。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »