高脂血症以外の動脈硬化の原因にも要注意

中性脂肪で成りやすい病気


高血圧

動脈の血管壁にかかる血液の圧力(血圧)が高くなる状態を高血圧といい、高血圧の人は健康な人にくらべると、少なくとも2倍、動脈硬化が原因の病気になりやすいことがわかっています。さらに高脂血症と高血圧が合併すると、4倍以上も動脈硬化を招きやすくなります。
高血圧になると、心臓から血液が強く送り出されるため、血管壁が血流によって傷つけられます。その傷口からコレステロールや中性脂肪、血小板などがしみ込むために血管壁が厚くなり、柔軟性を失って動脈硬化になります。
動脈硬化になった血管は、柔軟性を失い、内腔が狭くなって血液が流れにくくなるので、心臓がさらに高い圧力をかけて血液を送ろうとします。そのため、高血圧症が悪化するのです。
高血圧で血管がもろくなっているところに、さらに高脂血症のために血液中のコレステロールや中性脂肪がふえると、動脈硬化がいっそう進行するので、血管障害が原因の脳出血や狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、腎機能の低下などを招くのです。

糖尿病

血液に臆エネルギー源となるブドウ糖(血糖)が含まれ、全身の細胞に送られます》この血糖がインスリンというホルモンの分泌が少なくなったり、正常に働かなくなり、細胞に吸収されにくくなるために増加しつづけ、血液中の濃度が異常に高くなる疾患が糖尿病です。
糖尿病になると、血液中のカイロミクロンやVLDLを分解する酵素であるリポタンパクリパーゼが減少するので、血中のカイロミクロンやVLDLがふえて、中性脂肪値が上がり、高中性脂肪血症を招きやすくなります。また、糖尿病は、肥満や高血圧を合併するために、動脈硬化を起こします。

肥満

肥満の人の血液を検査すると中性脂肪値が高く、善玉コレステロールが少なくなっており、高脂血症の人が多いことが明らかになっています。また、尿酸値や血圧も高くなっていて、これらの要因が重なって動脈硬化を促進すると考えられています。肥満が進むと動脈硬化も進むので、心筋梗塞や脳梗塞などの血管障害の病気になりやすくなります。

喫煙

夕たこの煙に腫測種類以上の有害物質が含まれており、体内に入ると、善玉コレステロールを減らし、中性脂肪をふやします。また、悪玉コレステロールの酸化を促す作用があるので、動脈硬化の進行を早くします。
喫煙は、糖尿病や高血圧なども悪化させます。1日1箱のタバコを吸うと、虚血性心疾患になる確率が50〜60%も上昇するという研究結果があります。

ストレス

ストレスガつつくと自律神経のとフンスがくずれ、副腎の皮質から副腎皮質ホルモンが分泌されます。このホルモンが増加すると、血中に遊離脂肪酸が大量に合成され、肝臓でコレステロールと中性脂肪に代謝されて血液中に放出されるので、動脈硬化になりやすくなります。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »