高脂血症とわかったときに行う検査

中性脂肪で成りやすい病気

血液検査の結果、高脂血症と診断されると、高脂血症がどの程度進行しているのか、ほかの危険因子がないか、また動脈硬化が起こっているのかなどを調べるために、さらにくわしい検査が行われます。

血糖値、血圧

高中性脂肪血症と糖尿病、高血圧、合併することが多く、特に肥満の人ではよくみられます。動脈硬化によって血管の柔軟性が失われたり、内腔が狭くなっていると、収縮期の高血圧になります。

心電図検査

心臓の冠動脈に動脈硬化かあると、狭心症や心筋梗塞を起こします。心電図でチェックしますが、拍動の乱れ(不整脈)の有無も同時に調べます。

眼底検査

眼の網膜にある眼底動静脈は、肉眼で観察できる唯一の血管です。
眼底写真を撮って、脳や全身の血管の動脈硬化の状態を知る一助にすることができます。

眼底検査

超音波を使って、頸動脈の血管の状態を調べる検査です。動脈硬化による血管の狭窄や、プラークと呼ばれる脂のかたまりの有無血液の流れに異常力なしかを調べます。

CT検査・MRI検査

X線(CT)や磁気(MRI)を体内に当てて、血管に動脈硬化が原因の病気や異常がないかを画像にして調べる検査です。脳出血や脳梗塞の有無、腹部大動脈の動脈硬化などを調べます。

PWV(脈波伝播速度)検査

脈波伝播速度(Pulse Wave Velocity)とは、心臓から送り出された血液によって生じた脈波(拍動)が血管を通って手足に届くまでの速度を測る検査です。血圧脈波検査ともいい、動脈のかたさ(PWV値)がわかります。同時にABI(Ankle Brachial Index)も測定し、足の動脈硬化の程度を調べます。

中性脂肪 サプリメント

うわさの中性脂肪ランキング1位の詳細は?!

中性脂肪研究会の私たちが調査しました。中性脂肪とコレステロールの関係をご存知ですか?!
実は以外なところに中性脂肪解消の秘密があったのです。

中性脂肪を減らすサプリメントの
詳細はコチラ>>

« »